大阪の矯正歯科は当院へ!低価格な月々8,000円~
HOME>子供の歯並び治療(小児)

子供の歯並び治療(小児)

子供の歯列矯正とは

小児歯列矯正とは、大人の矯正のように負荷をかけて動かすというよりは、顎の成長をコントロールすることで、適正な歯並びに整えていくという考え方のほうが分かりやすいかもしれません。また、乳歯から永久歯に生え換わる時期でもあるので、それをふまえた上で、矯正治療を行うことが大切です。

子供の歯列矯正のメリット

成人矯正と比べ、小児歯列矯正は顎の成長をうまく利用して行えるという点にあります。無理に力を加えずにコントロールしながらの治療となるので、意図的に抜歯をしなくても済む場合もあります。また、社会人のように限られた時間の中で忙しい思いをして通う必要がない点もメリットといえます。

矯正の装置が気になる方へ(目立たない、見えない矯正治療のご案内)

子供の歯列矯正 子供の歯列矯正は、幼児期、小学生、中高生と年齢によって治療法が異なります。
■幼児期の歯列矯正・・・乳歯が正しく生えるかどうか、それによりその後の永久歯の生え方が変わってきますので、事前に問題が起こるのを予防すると考えます。
■小学生の歯列矯正・・・この時期は歯列矯正というよりも、顎が正しく成長するようにサポートすることが多くなります。顎に適切なスペースがあれば、永久歯がキチンと生えてきますので、最も矯正治療に適した時期ということができます。
■中高生の歯列矯正・・・中学校を卒業する頃になると、顎の成長も終わり、大人と同じ骨格になると言われています。ですので、後は学生のうちに受けるか、社会人になってから治療を開始するのかがポイントです。

子供の矯正治療の流れ
子供の矯正治療は下記のような流れになります。
1.初診相談(相談無料)・・・ 問診、視診等を行い治療全体の概要に関して説明を致します。
2.精密検査・・・ 歯や口の写真、レントゲン、歯列模型などの治療計画に必要な資料をとります。
3.矯正診断・・・ 検査結果をもとに、噛み合せの診断と治療計画、治療方法、治療期間、費用についての説明を行います。虫歯や歯周病がある場合は先にそちらの治療を進めます。
4.治療開始・・・ ①動的治療・・・治療計画に従い、いろいろな装置を使って歯を動かしていきます。
【第1期治療】混合歯列の時に使う土台作りとしての治療
【第2期治療】永久歯列の時に行う仕上げの治療
②保定治療・・・動かした歯が後戻りしないように保定装置を使って頂きます。
5.定期検査・・・ 定期的に噛み合わせなどの検査をします。
治療の費用が気になる保護者の方へ 矯正治療は、医療費控除が受けられます

医療費控除とは1月1日~12月31日に支払った医療費が10万円を超えた場合に所得税が返ってきます。矯正治療は大抵の場合10万円を超えますので医療費控除が受けられます。詳しくは、納税協会、お近くの税務署までお問い合わせ頂ければ詳しい説明をして頂けます。領収書を確定申告時に提出する必要があるので、領収書は大切に保管して下さい。
※当センターでは、領収書の再発行は致しかねます。

当センターでは、デンタルローンがご利用いただけます

矯正治療は治療期間が長いため、治療費用の分割払いが可能です。無料カウンセリング時に医師までお気軽にご相談下さい。また、デンタルローンをお使い頂いても医療費控除は受けられます。デンタルローンは、患者さまが支払うべき治療費をローン会社が立替払いをし、その立替え分を患者さまが分割にてローン会社に返済してゆくものですので、ローン会社が立替え払いした金額は、その患者様の立て替え払いした年の医療費控除の対象になります。 ご注意点としましては、デンタルローンをご利用頂いた場合には患者様のお手元に歯科医院の領収書がないこと が考えられますが、この場合は、医療費控除を受ける時の添付書類として、デンンタルローンの契約書の写しを提出して下さい。
※金利、及び手数料相当分は医療費控除の対象になりません。

Q&A

Q:矯正治療中にスポーツするのは可能でしょうか?
ブラスバンドでの楽器の演奏は大丈夫でしょうか?
A:通常の場合は大丈夫です。ただし、固定式のワイヤー装置を入れていて激しいスポーツや格闘技などをされる場合は、唇や歯茎にぶつかってけがをする場合もあります。医師までご相談下さい。また、ブラスバンド活動をするにあたっては、一部の管楽器や木管楽器以外なら通常は大丈夫です。

Q:治療をさせたいのですが、子供が嫌がります・・・。いつ頃から始めるのがよいですか?
A:治療の前にまず、本人の歯並びを治すという意思がとても大切です。嫌がるお子様を無理に治療しても、途中で辞めるわけにもいきませんので、しっかり話し合って下さい。患者様によっては、自分で取り外しのできる装置や朝晩に協力して頂く装置を用いる場合があります。その場合、本人の意思、家族の協力がないと装置を指示通り使用してもらえなくなることがあり、良い治療結果も得ることはできません。矯正治療は子供の時から始めるが良いと考えます。それは成長発育を利用しながら原因を少しずつ除去して行く事ができるからです。また装置に対する適応能力がいいということもあります。永久歯に全部生え換わるのを待つことがありますが、一般的に年齢が高くなるほど唇や頬、舌の筋肉の使い方が固まるので、その悪習癖によって治りにくくなったり、スペースが作りにくくなったりします。

料金 
相談、検査費用詳細<税別>
初診相談 無料
矯正精密検査 \30,000
 
子どもの歯列矯正(小児矯正)<税別>
咬合誘導 \165,000
第一期 \320,000
第二期 \165,000
合計 \650,000
調整料(月1回) 1,000円~8,000円(平均3,000円ほどです)
※小児矯正の場合、必ず第二期までの費用がかかるというわけではなく、咬合誘導の\165,000のみで治療が終了する場合もございます。
実際にお口の状態を見せて頂き、どれくらいの費用がかかるのかはご説明させて頂きますので、一度無料相談にお越しください。